はじめての方へ

ソーシャルリクルーティングが採用活動を劇的に変える

ソーシャルリクルーティングとはソーシャルメディア(SNS)を利用した採用活動を言います。
ソーシャルメディアを使ったリクルーティングは、求人企業と求職者の間で、これまでとはまったく質の異なる関係性の構築を可能にします。

企業は、求職者(または近い将来の求職者)と長期にわたって、よりリアルなコミュニケーションを行うことで、自社への理解や共感を深めることができ、同時に自社のファンになった相手のさまざまな情報を得ることができます。

ミスマッチが起こる最大の要因は、互いの情報不足にあります。
企業と求職者が互いに相手への理解と共感を深めていれば、採用選考はスムーズに運び、早期離職率も低くなります。

それを可能にするのがソーシャルメディアです。

世界最大のソーシャルメディア「Facebook」

数あるソーシャルメディアの中で、世界最大のユーザー数を誇っているのがFacebookです。

2010年末から、世界は大きな激動に包まれました。チュニジアで起こったいわゆる「ジャスミン革命」に端を発し、30年近い独裁政権が続いたエジプトでも市民の力による民主革命が成功しました。
これらの革命ではFacebookが大きな役割を果たし、革命の原動力となったことは皆さまのご記憶にもあるでしょう。

Facebookは、人と人、人と組織の関係、引いては社会全体や国家までも変えうる、物凄いパワーをもったツールであることが次第に証明されてきました。

現在、全世界のユーザー数は8億人以上(2011年9月現在)で、主要132ヵ国のうち、115ヵ国でトップシェアを獲得しています。

ソーシャルリクルーティング先進国、アメリカ

企業によるFacebookの活用は、まずマーケティングからスタートしました。
そして次なるフェイズとして考えられたのが、リクルーティングにおける活用です。

米国オンライン求人サービス会社・ジョブバイトが毎年行っているアンケート調査によると、ソーシャルメディアを使って採用活動をしている企業は80%以上で、これから始める企業を含めると90%近くに達しています。

63%の企業が、実際にソーシャルリクルーティングを通じて採用ができた、という結果もでています。

まだ登場したばかりで、ノウハウも浅いメディアにもかかわらず、驚異的な成果を出しているといえるでしょう。
今後、さらにソーシャルリクルーティングのノウハウが蓄積されることで、採用成功率はさらに上がっていくと思われます。

簡単に作れるFacebook採用ページ

ソーシャルリクルーティングの第一歩は、Facebookで採用ページを作ることです。
Jinzを使うと1日もあればFacebook採用ページを簡単に作ることができます。

採用ページ作成までの流れ
1.Facebookの個人アカウントを登録(5~15分くらい)
2.採用のためのFacebookページを作成(1~10分くらい)
3.Jinzで採用ページを作成(1時間~)

Jinzのサービスについてはこちら